本、映画等のレビューブログです。
ライトノベルから、歴史小説、自己啓発に会計学の専門書、そしてマンガまで、ごった煮で読んでいます。
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
        にほんブログ村 本ブログへ
Profile
Mobile
qrcode
Other


はじめまして。

電車の中では、難しい本、知識を得たいために読む本。
夜寝る前は、軽く読める小説。
と決めて、2,3冊を同時進行で読んでいます。
そのため、時系列に並べるとジャンルがごちゃごちゃです^ω^;
映画では、ヨーロッパのものと日本のものが好きです。

目次から、カテゴリ別の一覧が見られるようになっています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
ミルコのひかり

評価:
---
ビデオメーカー
¥ 3,591
(2008-08-06)
コメント:ヨーロッパの寄宿舎もの好きです

☆オススメ☆

ヨーロッパの、子供が主役の映画がとても好きです。
これも雰囲気がとってもいい。
ちょっと全体的にテーマが見えにくいんだけれども、それでもストーリーは感動できます!
子供たちの演技もうまいなぁ。

☆あらすじ☆

イタリア映画界で活躍する盲目のサウンドデザイナー、ミルコ・メンカッチの少年時代の実話に基づく感動ドラマ。不慮の事故で両目の視力を失った10歳の少年・ミルコは、1台のテープレコーダーを見付けたことから、音を通して生きる喜びを見出していく。

☆好きなフレーズ☆

電気壊れちゃったよ

☆感想☆



JUGEMテーマ:映画の感想
続きを読む >>
| 映画 | 02:56 | comments(0) |
阪急電車

評価:
有川 浩
幻冬舎
¥ 1,470
(2008-01)
コメント:見直した

☆オススメ☆

ひとつの路線に、それぞれの駅からいろんな人が乗って来て、いろんな出会いがあって、そして降りていって…って発想が面白かった。
でもそれがすぐにお友達♪っていうのではなくて、名前すら知らない同士でっていうのがとても自然でした。
個人的には、有川さんの魅力は「恋」とか「ベタ甘」より、「人間らしさ」だと思っていて。
それが表れている駅が、とてもとてもよかったです。

☆あらすじ☆

電車は、人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく―片道わずか15分。そのとき、物語が動き出す。

☆好きなフレーズ☆

思春期の繊細さは自分たちの落ち度を髪の毛一筋ほども認めたがらない

☆感想☆



JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
| 本・小説 | 16:56 | comments(0) |
バッカーノ!1933 <下>THE SLASH チノアメハ、ハレ

評価:
成田 良悟
メディアワークス
¥ 725
(2004-11)
コメント:疾走感

☆オススメ☆

かなり、アクションシーンの多い巻でした。
うまい!!とは言えないけれど、でも前ほど読みにくいこともなく。
リズムよく読めました。
色々謎や伏線も出てきたし、どんな世界になっていくのか楽しみです。
ただ、キャラによる部分がだいぶ大きくなってきていて、筆者の好みと合わなければ読むのがつらくなりそう…と心配になる。。

☆あらすじ☆

ティムは過去を捨てた男だが、兄を忘れた事はなかった。ダラスはどうしようもないチンピラだが、妹だけは護りたかった。クリストファーはとてつもない変人だが、なぜか自然を敬っていた。『葡萄酒』は最強最悪の殺し屋だが、マジで婚約者を愛していた。刃物使いたちの死闘に呼び寄せられたキレた奴ら。血の雨が止む時、雲間から覗く陽光を浴びるのは誰だ―。

☆好きなフレーズ・シーン☆

チックとタックのシーン

amigo?novio?のシーン

☆感想☆


JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
| 本・ライトノベル | 16:50 | comments(0) |
バッカーノ!1933〈上〉THE SLASH クモリノチアメ

評価:
成田 良悟
メディアワークス
¥ 599
(2004-09)
コメント:子供ラックかわいいいい

☆オススメ☆

ほのぼのしてた前作、2002年とはうってかわって、たくさんの登場人物がどんちゃかやってる、かなりアクションな1933年のイントロ。
次から次へと新しい登場人物がでてくるので覚える前に、下巻になっちゃうw

☆あらすじ☆

鋏使いのチックは無邪気に人を斬る。見えない“絆”がどれだけ傷みに耐えられるかを確かめる為に。刀使いのマリアは陽気に人を斬る。この世に斬れないものなど無い事を信じる為に。槍使いのアデルは慇懃無礼に人を斬る。ただ存分に暴れたいが為に。ナイフ使いのシャーネは無言で人を斬る。自分の仲間を傷つける者を排除する為に。刃物使い達の死闘は雨を呼ぶ。それは、嵐への予兆―。

☆好きなフレーズ☆

「あいつらの泣きそうな面見たら、自分をぶん殴りたくなりました」なフィーロのシーン

ロニー登場のシーン

☆感想☆


JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
| 本・ライトノベル | 03:38 | comments(0) |
ラブコメ今昔

評価:
有川 浩
角川グループパブリッシング
¥ 1,470
(2008-07-01)
コメント:命を懸ける

☆オススメ☆

『クジラの彼』に次ぐ、自衛隊ラブコメ第二弾。
個人的には、『クジラの彼』のほうが好きな話が多いです。
が、今回は、自衛官の「命を懸ける」っていう部分が強く押し出されていて、当たり前のことなのに、「意外な」ことを意識させられて、よかったです。

☆あらすじ☆

乙女だっておっさんだってオタクだって人妻だって、恋がなければ生きてゆけない。ベタ甘ラブに耐性のない方お断り(もしくはこの機会に溺れてみる?)。の最強短編集。

☆好きなフレーズ☆

「君も幹部たらんとするなら有事を架空の想定にするのはやめなさい」

「幸せね、あれをかわいいと思えるなんて
…他人ならではの感想ってことよ。家族や恋人ならとてもそんなこと思えないわ」

☆感想☆


JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
| 本・小説 | 00:05 | comments(0) |
日本を想い、イラクを翔けた―ラガー外交官・奥克彦の生涯

評価:
松瀬 学
新潮社
¥ 1,575
(2005-11)
コメント:自分がやらなきゃいけないこと

☆オススメ☆

少年期から、高校・大学のラグビー時代、外交官になってからの日々。
同じ一日でも、自分の3倍くらいの時間が流れているんじゃないかって思ってしまうくらい、パワフルな人。
その日々と、エピソードがすごく細かく書かれていて、最後イラクに入った頃にはもう泣いてしまう。
友達や、周りの人みんなから愛されていたことがよくわかる。
↓「青春ノンフィクション」ではないだろう・・・

☆説明☆

イラクで無念の死を遂げた奥克彦。幼い日に芽生えた外交官の夢、ラグビーに熱中し挫折も味わった学生時代。やがて念願の外交舞台に立った彼は、常に「現場」で戦い続けた。爽快に生き、壮烈に死した半生を描く青春ノンフィクション。

☆好きなフレーズ☆

人の役に立てて、日本の為にもなって、お金も貰える、こんないい仕事があるか。(not正確)

☆感想☆



JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
| 本・その他 | 20:36 | comments(0) |
初雪の恋 ~ヴァージン・スノー~

評価:
---
角川エンタテインメント
¥ 3,835
(2007-11-22)
コメント:「韓流クオリティ」

☆オススメ☆

あおいちゃんがとてもかわいい。
しかし、ストーリーにツッコミどころが多すぎて、途中で突っ込むのをあきらめてしまった。
ありきたりなストーリーなのに…。。
そんなとき使う言葉は「韓流クオリティ」!

☆あらすじ☆

「初雪の日にデートした恋人たちは幸せになる」
--そんなソウルの恋人たちの間で信じられている言い伝えから生まれた、一途な恋の物語。陶芸家の父親に同行して、京都に転校してきた韓国の高校生ミンは、七重と出逢ってひと目ぼれする。日本と韓国の文化の差を乗り越えて、七重は少しずつミンに心を開いていき、やがて2人は初雪の日にデートすることを誓う。だが、七重の家庭には事情があり、七重はミンに心を残しながらも、突然、ミンの前から姿を消してしまう。

☆好きなシーン☆

あおいちゃんのノースリとジーンズ姿

☆感想☆


JUGEMテーマ:映画の感想
続きを読む >>
| 映画 | 03:08 | comments(0) |
涼宮ハルヒの消失

評価:
谷川 流,いとう のいぢ
角川書店
¥ 540
(2004-07)
コメント:七夕の続き

☆オススメ☆

キョンの決心。キョンの気持ち。
とにかく主人公はキョン!今までのただのツッコミ役とは一味違います!
今まで3作の中で特に好きだった、七夕と繋がっていて、嬉しかった。

☆あらすじ☆

「涼宮ハルヒ?それ誰?」って、国木田よ、そう思いたくなる気持ちは解らんでもないが、そんなに真顔で言うことはないだろう。だが他のやつらもハルヒなんか最初からいなかったような口ぶりだ。混乱する俺に追い打ちをかけるようにニコニコ笑顔で教室に現れた女は、俺を殺そうとし、消失したはずの委員長・朝倉涼子だった!どうやら俺はちっとも笑えない状況におかれてしまったらしいな。大人気シリーズ第4巻、驚愕のスタート。

☆好きなシーン☆

かわいい長門
ハルヒの発見

☆感想☆



JUGEMテーマ:読書
続きを読む >>
| 本・ライトノベル | 14:09 | comments(0) |
アルゼンチンババア

評価:
---
VAP,INC(VAP)(D)
¥ 1,673
(2007-10-03)
コメント:ストーリーに違和感

☆オススメ☆

映像がいい!色が淡くて、邦画のこの感じ、大好き。
堀北のセーラー服姿すんごいかわいい!
アルゼンチンババア・鈴木京香さんもすごくきれい。ババアには見えないけれど。
でも、ストーリーに違和感が。
私はこのストーリーを受け入れることはできない。

☆あらすじ☆

両親と三人で暮らしていた高校生のみつこだったが、ある日、母親が闘病の末に亡くなる。その日、父親が病室に顔も見せずに行方をくらました。それから半年後、父親はアルゼンチンババアと呼ばれる奇妙な女の元に身を寄せていることがわかり、誰も近づこうとしないアルゼンチンババアの家をみつこは訪ねるが…。

☆好きなフレーズ☆

「やらせっか!」

☆感想☆



JUGEMテーマ:映画の感想
続きを読む >>
| 映画 | 14:08 | comments(0) |
グッド・ウィル・ハンティング

評価:
マット・デイモン,ベン・アフレック
松竹ホームビデオ
¥ 2,350
(2007-11-28)
コメント:なんかモヤモヤ

☆オススメ☆

「天才」って響きが好き。
話の筋や設定は、いいんだけど、全体的にあいまいな感じがする。
もっと繊細に描いてほしかったなぁって。
↓どーでもいいけど、このあらすじ、個人的には全然印象が違う。

☆あらすじ☆

深い心の傷を負った天才青年と、同じく失意の中にいた精神分析医がお互いにあらたな旅立ちを自覚して成長してゆく姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。ボストンに住む青年ウィルは、幼い頃から天才ゆえに周囲から孤立していた。だが、彼の才能に気付いた数学教授のランボーは、ウィルに精神分析医のショーンを紹介する。ウィルはショーンにしだいに心を開いてゆくが、彼の才能に気付いた政府機関や大企業が接近してくる。

☆好きなシーン☆

天才が、アホ学生を言い負かすところ

友達のセリフ「10年後もお前がここにいたら厭味だ」

☆感想☆



JUGEMテーマ:映画の感想
続きを読む >>
| 映画 | 01:33 | comments(0) |
<< 2/8 >>